アルツな母を介護するOL子育て日記

アルツハイマー型認知症の実母は9年過ぎました。要介護1と要介護2を行ったり来たりして、現在は要介護2。確実に症状は進んでいるのに介護度が増減するのはなぜ?介護の理想と現実のギャップに悩みながらも希望と感謝の日々。3人の子供達の母であり正社員で働いていて、年を重ねる毎にどんどん前向きになる超元気OLです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

な、いで、やんべした。

こんばんは。

ずっと更新していなかったので、
記事を書く場所が分からず
たどり着くまでに30分以上を費やしてしまいました♪(/・ω・)/ ♪


アルツハイマー型認知症の実母の介護は9年になりました。
相変わらずボケボケです。
介護認定の更新があり、「要介護1」から「要介護2」になりました。


午前中仕事をして、お昼に帰ってきました。
昼食後、すぐに掃除をする予定でしたが
つい、録画していたドラマを見ていたらハマってしまい、
結局、午後3時過ぎから掃除を始めました。


そして、玄関の掃き掃除を母にお願いしたのですが
集めた土埃を庭に捨てに行った母がなかなか戻ってきませんでした。
もしかして徘徊?と心配して庭に行ってみると
母は庭にペタンと座りながら草取りをしていました。


何をしてるの?って聞いたら、
「草、おがってるがら。」って。
へー!
この間、「暇なら草でもとってよ」と言ってみたけれど
全く反応がなかったのに、今日は、言わなくても自発的にやりました。
しかも、これから母のお客様がいらっしゃるという時に。


母への感謝の気持ちよりも
これからお客様がいらっしゃるのに
ズボンを履き替えなければいけないし
爪に入った土を洗い流さなければいけない、
その思いの方が強くて、つい、母を叱ってしまいました。


あー、またやってしまった。
私って、ほんと、小さいな(´∀`*)


その後、地域包括支援の係りの人と
デイサービスの人が自宅に来て
介護認定会議をしました。


現在困っていることはないか、
こうしたい、ああしたいという要望はないかを聞かれました。
先ほどの草取りの一件をお話したら
自発的にやるのは良い兆候ですとほめられました。


また、デイサービスでの母の状況を聞くことができました。
母は、送り迎えの車から降りるときに
運転してくださった方に労いの言葉をかけるそうです。
また、デイサービスの職員の方にも時々笑顔を見せていて
いい感じだそうです。

人見知りを全くしない社交的な本来の母の一部がまだ残っているのでしょう。
家ではぼーっとしているだけですが、外ではそれなりに頭が回っているようです.゚+.(・∀・)゚+.


およそ1時間話をし、お二人は帰りました。
いつも通り、車が見えなくなるまで二人で見送り
そして、家に入りました。




母がソファに座る時に何か言いました。

????

聞こえなかったので聞き返しました。



「な、いで、やんべした。」



は?

今、何て言った?

耳を疑いました(*≧∪≦)



「な、いで、やんべした。」 
(あなたが居てくれて助かった。)



認知症になった母からこんな言葉を聞くのは初めてでした。
いつも、必要以上に母を叱ってばかりのこのバカ娘
母はお礼を言ってくれました。













嬉しくて、母の言葉を忘れたくなくて
デイサービスの連絡帳に書いておきました。


「な、いで、やんべした。」


最近で一番嬉しかった出来事でした。


久しぶりの日記を読んでくださりありがとうございました。


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OL(子供あり)へ
にほんブログ村



 介護

- 0 Comments

Leave a comment

NEXT
認知症介護は8年になりました。親孝行の修行8年生です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。